海外FXは国内とは計算方法が違う

海外FXの税金計算方法

皆さんは海外FXで利益を出した際の、「税金の計算方法」をご存知ですか?

  • 「利益を○○万円出したけれど、税金をいくら支払えば良いのかわからない」

という人も多いはず。海外FXの税金の計算方法は国内とは違います。

税金を支払わなければ、脱税として犯罪となってしまうことも。

そうなってしまうと利益以上の金額を支払わなければならないことも。
そうならないためにも、税金の計算の仕方は覚えておきましょう。この税金、実は節税することも可能です。

ここではそのための方法を一つずつ説明していきます。

今回は海外FXの税金の計算方法に関することでしたが、税金に関することや確定申告の仕方などが詳しく書いてあるページもあるのでそれも参考にしてみて下さい。

これを読めば、海外FXの税金についてがまるわかり!

計算方法を説明する前に、必要な税金についてからお話していきます。

海外FXの税金は雑所得の扱いになる

海外FXは累進課税(雑所得)

まず最初に前から言っていたように、国内FXと海外FXでは税金の計算方法が違います。その違いはかかる税金の種類が違うからです。

  • 国内FX ⇒申告分離課税(税率一律20.315%)
  • 海外FX ⇒累進課税【雑所得】(税率15%~55%に変動)

    国内と海外の税金ではこのような違いがあります。

    申告分離課税とはいくら利益が出ても税率は一律20.315%で変わりません。なので国内FXの税金の計算方法は簡単で【利益 × 20.315%】となります。

    では海外FXの累進課税はどういったものなのでしょうか?

    累進課税【雑所得】とは

    累進課税(雑所得)とは、総合課税というものに部類されます。総合課税とは税金の計算を、

    総合課税と分類課税

    このようになっており、すべての利益や税金を合算して出す方法なのです。


    • 給与所得 + FXの利益

    この合計額に税金が計算される方法です。その額によってかかる税金が違ってくるのです。

    所得金額 税率 控除額
    195万以下 15% 0円
    195万円超~330万円以下 20% 97,500円
    330万円越~695万円以下 30% 427,500円
    695万円超~900万円以下 33% 636,000円
    900万円超~1,800万円以下 43% 1,536,000円
    1,800万円超~4,000万円以下 50% 2,796,000円
    4,000万円以上 55% 4,796,000円

    このように利益が高くなれば高くなるほど、税率も高くなっていくのです。総所得が400万円までは国内のFXよりも税金が安いです。

    この税率を使った計算方法はこうなります。

    海外FXの税金計算方法(合計所得 × 税率15%~55%) - 控除額 = 税金

    この計算方法で自分の支払わなければならない税金を出すことができるのです。

    ちなみに国内FXは

    海外FXは総合課税でしたが、国内FXでは分離課税という方法です。

    分離課税とは

    「他の所得とは合算せずに別々に分けて税額を計算する方法」

    場合によっては海外FXで使用されている総合課税よりも、税金が安くなる場合があります。

    分離課税の税率は変動が無く一律20.315%そのため国内FXでの税金の出し方は他の所得の分を考えず、FXの利益のみの税金を出します。

    分離課税の計算式は、

    FXの利益 × 税率(20.315%) = 税金

    国内FXで利益を出した場合の税金の計算方法はこうなります。

    ということは、国内FXは申告分離課税で税率は20.315%

    • 海外FXの場合は、695万円を超えると国内FXよりも税金の負担が重くなります。
    • ただ、給与を含めた額がそれ以下なら。国内FXよりも税負担は軽くて済みます。

      課税対象となる人

      海外FXの総合課税の場合、すべての人が税金を支払わなければならないわけではありません。

      ではどのような人が税金を支払う課税対象となるのでしょうか?

      課税対象となる人

      • FX以外でも稼いでいる人で、20万円以上の利益があった人
      • 所得がFXのみの人は、38万円以上の利益があった人

      これに当てはまる人達は税金を支払わなければなりません。そしてこれに当てはまらなかった人はは税金を支払わなくても良い、ということなのです。

      知らずに支払ってしまってはもったいないですからね。多く支払う分には問題ないと役所も多く支払っていることを教えてくれない、なんてこともあるみたいです。

      では税金の計算の仕方と、支払わなければならない人が分かったところで次は実際に例をだして計算をしてきたいと思います。

      実際の税金の計算方法

      計算の仕方

      先ほどの式、

      • (合計所得 × 税率15%~55%) - 控除額 = 税金

      これを実際に具体的な金額に当てはめて計算をしていきます。

      • <例>
      • 総合所得【500万円】
      • 税率  【30%】
      • 控除額 【427,000円】

      これを条件とし、計算式はこうなります

      (5,000,000 × 0.30)- 427,000

      こうすると支払わなければならない税金は【1,073,000円】

      ですがこれはあくまでも所得がFXのみだった場合です。そのため分離課税と違い総合課税は、他の税金や所得も合わさり計算される方法で難しいです。

      • そこで、
      • 国税庁の確定申告作成コーナーというところで申告書を作成をします。そうすると税金を自動的に計算してくれるので自分でわざわざ計算する必要が無いのです。

      計算も重要ですがやはり、税金は少しでも安い方が良いですよね。税金をより安く済ませるための節税方法があります。

      気になる節税の方法

      税金が安くなる!

      少しでも税金は安い方が良いですよね。実は海外FXでは経費分を差し引くことができます。では何を海外FXでいう経費とは何でしょうか?

      経費となるのもの

      これらは経費として計上することができ、FXで得た利益分から差し引くことができます。そのため領収書をしっかりと取っておくようにしましょう。

      実は、これ以外にも経費として計上できるものがあります。それは家の中でFX取引をしている場合はずです。

      • ・家賃の一部
      • ・通信費

      これらも経費として一部計上することができるのです。ですが全てとはいきませんので注意してください。「生活に対しての取引を行う割合」で考えるようにすると良いでしょう。

      さらに法人口座を使っていたとすると、経費として計上するものが増えるので法人口座でFXを行うのも大変節税になって良いでしょう。

      損失を出した場合は利益から引く

      取引を行っていく中では損失を出すこともあるでしょう。実はその損失は出した利益から引き、税金を節約することも出来るのです。

      そうすることにより、支払う税金の額が安くなります。

      損失通算

      海外FXは利益が出れば出るほど、税金が高くなりますね。

      • 損失通算とは
      • 所得のうちの利益を損失で相殺することができる。

      というものです。つまり一年の損益が、

      • 500万円の利益
      • 300万円の損失

      だった場合

      500万円 - 300万円 =200万円

      という計算を行うことができ、FXの所得は200万円にすることができます。

      このような方法で海外FXで稼いだ利益分の税金を節約を行うことができます。節約を行ったら今度は確定申告をしっかりと行うようにしましょう。

      確定申告はしっかり行う

      ここまで計算方法や、その税金をなるべく少なくする方法を見てきましたが税金を支払うだけでなくもう一つ大切になってくるのが、「確定申告」

      税金は支払っていたとしても、確定申告を行わなければいけません。確定申告を行わないと会社に海外FXをしていることがバレてしまったり、他にもペナルティがあったりします。

      確定申告には提出期限があります。

      確定申告は3月15日まで

      を行わなければなりません。税金を計算するだけでなく、確定申告も期限までにしっかりと行うようにしましょう。

        海外FX会社厳選8社。勝つためのおすすめ口座   GEMFOREXの徹底レビュー TradeViewの徹底レビュー XMの徹底レビュー   HOMEへ戻る
      本当に勝つために選ぶFX口座とは?